小さなユリと

著者 黒田 三郎
発行 夏葉社
18.2 x 13.2 cm 60頁 ハードカバー

私小説に対して”私詩”とその作品を評されることもある、
黒田三郎(1919-1980)が描く、娘ユリとの日々は
ぎこちない仕草で娘の手を握る、
父親の手のひらのガサガサとした暖かさを感じさせます。


夕暮れの芝生の道を
小さなユリの手をひいて
ふりかえりながら
僕は帰る
妻はもう白い巨大な建物の五階の窓の小さな顔だ
九月の風が僕と小さなユリの背中にふく
[九月の風]

¥ 1,728

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の送料は、配送方法によって異なります。
配送方法は、ご購入時に選択することができます。
  • クリックポスト

    全国一律 164円
  • ゆうパック

    日本郵便が提供する宅配サービスです。荷物追跡に対応しています。

    全国一律 500円

※10,000円以上のご注文で送料が無料になります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。